友達付き合いがめんどくさい!そのように感じてしまう理由と対処法

友達付き合いがめんどくさい!そのように感じてしまう理由と対処法


こんにちは。TAKEです。

質問です。あなたは友達が多い方ですか?それとも少ない方ですか?

友達が多いと答えたあなたは最近、友達付き合いがめんどくさいと感じてはいないでしょうか?友達が少ない人からしてみればそんなのは贅沢な悩みだと思うかもしれません。

おっしゃる通り友達が多いというのは基本的にはメリットが多いと思います。ですが、時にはその友達付き合いが煩わしく感じてしまうときが来てしまうのもまた事実です。

今回は、そんな友達付き合いがめんどくさいと感じてしまう理由とその対処法を考えたいと思います。

友達付き合いがめんどくさいと感じてしまう理由

学生時代はあれだけ友達と行動するのが楽しかったのに、社会人になった今ではその友達付き合いがめんどくさい…そんな風に感じてしまうことがあります。

一体どうしてそのような感情に至ってしまうのでしょうか?

まずはそんな友達付き合いがめんどくさいと感じてしまう理由について、考えます。

 

日々の仕事が忙しいから

社会人になると、毎日働いてお金を稼がなければ生活していくことはできません。

特に新人の頃は、覚える事ばかりで勉強の毎日です。遅くまで残業したり、帰宅後もその日に覚えた業務内容を復習したりと最初の内は常に頭の片隅に仕事のことが付いて回ると思います。

そんな時に、学生時代の友人から休日に遊びの誘いが来たとしたらあなたはどうしますか?

友人との約束の日を楽しみに仕事を頑張れるという人もいるでしょう。

でも一方で、日々の仕事で一杯一杯で休日は友達と遊ぶ気力がないという方もいると思います。

私自身も新人の頃は後者のタイプで、連休がない仕事をしていたため、休日は前日の仕事疲れでお昼ごろまで寝ているというときが多々ありました。

そんな中で、遊びに誘われることもありましたが断ってしまう事が増えてしまいました。

このように毎日の仕事をこなすことで精一杯で、友達付き合いがめんどくさいと感じてしまうことがあります。

 

自分の時間に使いたいから

社会人になると当たり前ですが、学生時代に比べて自分の自由に使える時間が大幅に少なくなります。

特に大学卒業後に就職した人はわかると思うのですが、人生で最も自由な時間が多いといわれる大学生活を経てから社会人になると、頭ではわかっているものの自由な時間の少なさに改めて驚かされると思います。

私はアニメを見ることが趣味なのですが、1クールに放送されるアニメって多いんですよね。

大学時代は毎日登校する必要がなかったり講義が午前中のみや午後のみという事も多々あったので、夜更かししたり、空き時間にアニメを見ていたので録画したアニメがたまってしまうなんてことはほとんどありませんでした。

しかし、社会人になると話は違います。毎日朝早くから仕事がある中で、夜更かしなんてまずできません。仕事から帰ってくると疲れてアニメを見たいという気分にならないこともあります。

そうなるとアニメはいつ見るのかというと必然的に休日にまとめてみることになります。

このように、社会人は自分の時間が中々持てないため、せっかくの休日に友達と会うのはめんどくさい。自分の趣味の時間に当てたいと思ってしまうのです。

 

お金がかかるから

社会人になると一人暮らしをしている方も多いのではないでしょうか。

そうなると、家賃に電気ガス水道代に通信費など多くの固定出費がかかるようになります。また特に男性の方は将来、家庭を持った時のことなども考えたりもするでしょう。

そのため、一人暮らしをしている方の多くはできるだけ節約した生活をしてお金を貯めたいと思っている方も多いと思います。

友達付き合いをすると、どうしても出費がかかりますよね。私の周りには毎月のように友達とライブやイベントに出かけている知り合いがいますが、全くといっていいほど貯金はできていないといいます。

貯金はできなくてもいいから今をとにかく楽しむのか。それとも将来のことを考えて貯金をしながら堅実に毎日の生活を送るのか。どちらが正しいとは言えませんし、この価値観は人それぞれでいいと思います。

後者の考え方になると、友達付き合いは出費がかかることからめんどくさいと感じるようになってしまうのではないかと思います。

 

子育てで忙しいから

結婚して子供が生まれると、本当に毎日が慌ただしくなりますし忙しいですよね。

特に子供が小さいうちは、自分に使える時間なんてほとんどないでしょう。

お母さんは毎日の子育てで手一杯でしょうし、お父さんは生活費を稼ぐために日々の仕事に今まで以上にやる気をもって働くと思います。そして、子供が少し大きくなってくると、今度は休日には家族でどこかにお出かけをするようになるのではないでしょうか。

このように家族を持つと、友達付き合いがめんどくさい!というよりもそもそも友達付き合いをする時間がなくなってしまいます。

 

でも友達は大切な存在なはず

ここまでお伝えしてきたように、大人になると友達付き合いがめんどくさいという感情は様々なことが要因で芽生えてしまいます。

ですが、だからといっていつまでも友達との付き合いを疎かにしていては後々後悔してしまうかもしれません。

今度はそんなことをお伝えしたいと思います。

 

友達がいるおかげで頑張れるときがある

社会人になると、学生時代の友達とは疎遠になると思います。特に県外に就職した場合は、何年間も会うことが難しいことだってあるでしょう。

だけど、友達はいるだけで励まされるときがあります。私自身、社会人になった今では特に強く実感しています。

あなたは仕事で辛いことや理不尽な出来事があった時、周りに相談できる人はいますか?

相談相手として最も信頼できる人は誰かと聞かれれば、多くの人は家族と答えるでしょう。ですが、家族だからこそ敢えて相談しにくいこともあるはずです。

そんな時に、気心の知れた友達であれば相談できるという場合もあります。仕事で辛い時に、友達に悩みを電話やLINEで相談するだけでも前向きにさせてくれますよね。

実際に会うことは中々なかったとしても、友達という存在がいるだけで頑張れることがあるのです。

 

友達が少ない私だからこそ伝えたいこと

私はこのブログで度々述べているのですが、友達が非常に少ないです。

そんな私だからこそ、今友達付き合いがめんどくさいと感じている方へ伝えたいことがあります。

まず今いる友達は大切にした方がいいということです。

私は小学生~中学生のはじめの頃はどちらかというと友達に恵まれている方でした。当時は毎日のように学校が終わったら、友達の家に遊びに行きカードゲームで対戦することが日課でした。

しかし、中学生になり勉強も忙しくなり部活もやらなくてはならない環境になり、友達付き合いがめんどくさいと思うようになりました。そして、毎回友達からの誘いを断っていた結果、段々とその子たちとは疎遠になっていきました。

その後、私は人付き合いが苦手になってしまい、高校ではぼっちも経験しました。

 

高校時代ぼっちだった男が紹介するぼっちあるある11選

 

社会人になって感じているのが、やっぱり友達はいたほうがいいなということです。私が今友達と呼べるような人は大学時代に知り合った数人だけです。だけどたった数人ですが、社会に出て一年目の頃は互いに仕事への不満を語ったりしながら、大変なのは自分だけはないんだと何度も励まされました。

友達付き合いがめんどくさいと思ってしまう人の多くは、友達が多い人だと思います。

友達は多ければいいのではなく、いかに信頼できる友達がいるかが大切です。上辺だけの友達が多いから、その人たちと付き合うのがめんどくさいと感じてしまうのです。

ぜひ友達付き合いがめんどくさいと感じている人は、本当に信頼できる友達とだけ付き合うようにしてください。

きっと友達という存在の大きさに気づかされるでしょう。

 

生活カテゴリの最新記事