【超面白い!】おすすめアニメ映画ランキングTOP10+α

【超面白い!】おすすめアニメ映画ランキングTOP10+α

こんにちは。
この記事では、私が実際に劇場で見てきて絶対におすすめできるアニメ映画作品をランキングで紹介します。

【超面白い!】おすすめアニメ映画ランキングTOP10+α

第1位:Fate/Stay night[Heven’s Feel]

「もしわたしが悪い人になったら許せませんか?」少年は少女を守りたい。そう、思った。魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉が、あらゆる願いをかなえる願望機「聖杯」をめぐり戦う――「聖杯戦争」が起きて10年、冬木市で再び戦争が始まった。前回の「聖杯戦争」の参加者である衛宮切嗣の養子・衛宮士郎は遺志を継ぎ、戦うことを決意する。士郎のそばには、彼を慕う少女――間桐桜がいた。彼女は毎朝、毎晩士郎の家に通うと朝食と夕食を作り、天涯孤独だった士郎と優しい日々を過ごしていた。だが「聖杯戦争」が始まると、冬木の町に流れる空気が変わった。あちこちで殺人事件が起き、不穏な空気が流れ始める。士郎は桜を自宅に泊めることを決意した。士郎は召喚したサーヴァント・セイバーとともに、魔術師の遠坂凛と同盟を結び「聖杯戦争」に臨む。だが、その戦いは暗躍する者たちによって大きくきしみ、歪み始めていた。

 

Fateシリーズの原点であるFate/Stay nightの3つのシナリオの内の桜ルートを劇場アニメ化した作品。

3部作で公開されることが決定しており、本作は第一章に当たります。

当方原作は未プレイではありますが、演出、作画、音楽、声優陣どれをとっても文句のつけようのない作品でした。

歴史上の人物が英雄として登場しサーヴァントとして戦いを繰り広げますが、数々の戦闘シーンは鳥肌物です。

私はあまりにも面白く初めてアニメ映画のブルーレイを買ってしまうほどでした。

 

第2位:心が叫びたがっているんだ。

幼い頃、何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。一緒に任命されたのは、全く接点のない3人のクラスメイト。本音を言わない、やる気のない少年・坂上拓実、甲子園を期待されながらヒジの故障で挫折した元エース・田崎大樹、恋に悩むチアリーダー部の優等生・仁藤菜月。彼らもそれぞれ心に傷を持っていた。

 

あの花の制作陣が再結集して制作した青春群像劇。

主人公の成瀬順は幼いころとある理由で声がでなくなってしまいます(精神的に)。

やがて高校生となった成瀬順は、文化祭の出し物がきっかけでクラスメートの坂上と知り合い彼女が声を出せない理由を打ち上げるところから物語は進展していきます。

文化祭の出し物に向けて準備を進める中で生じる思春期の学生ならではの悩みを皆がそれぞれ抱えながらも、思いをぶつけあって前に進んでいく様子がリアルに描かれていると思いました。

特に終盤の出し物のシーンは涙なしでは見られません。

ちなみにゲスト声優として順の母親役を吉田羊さんが演じていましたが、さすがの演技力でした。

ED曲は乃木坂46が歌っています。

 

第3位:この世界の片隅に

1944年(昭和19年)2月、18歳のすずは広島から軍港のある呉の北條家に嫁ぐ。戦時下、物資が徐々に不足する不自由さの中、すずは持ち前の性格で明るく日常を乗り切っていたが、翌年の空襲によって大切なものを失う。広島への原子爆弾投下、終戦。それでもすずは自分の居場所を呉と決め、生きていく。

 

広島の平和な日常に突如として降りかかった戦争の恐ろしさを生々しく伝えながらも、その中で生きるマイペースな少女であるすずさんの日々を柔らかいタッチで描いた作品。

主人公のすずを演じるのは能年玲奈(のん)さんですが、鑑賞後は彼女の声以外は考えられないほどすずさんの雰囲気にマッチしていました。

戦争の悲劇をリアルに描いている作品であるため、非常に切ないシーンもあり涙なしでは見られませんでした。

ですが、その中で一生懸命に生きているすずさんや家族の様子から、生きることの素晴らしさが伝わってきます。

 

第4位:聲の形

“退屈すること”を何よりも嫌う少年、石田将也。ガキ大将だった小学生の彼は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。彼女が来たことを期に、少年は退屈から解放された日々を手に入れた。しかし、硝子とのある出来事がきっかけで将也は周りから孤立してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。”ある出来事”以来、固く心を閉ざしていた将也は硝子の元を訪れる。これはひとりの少年が、少女を、周りの人たちを、そして自分を受け入れようとする物語ーー。

 

耳の聞こえない少女・西宮とかつてクラスメートだった石田の二人の関係を描いた物語です。

とある理由がきっかけで周りから孤立するようになった石田が西宮との再開から、物語が展開していきます。

伝えたい思いがなかなか伝わらないもどかしさを描いた作品で、伝えることの難しさと大切さを教えてくれます。

 

第5位:ソードアートオンライン-オーディナルスケール-

2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫――その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。それから4年……。≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。≪オーグマー≫。フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。その爆発的な広がりを牽引したのは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。

 

大人気小説でアニメも大ヒットしているSAOの前日譚を描いています。

ストーリーは仮想空間を舞台にしてはいますが、ストーリーは非常に濃密で主人公のキリトとアスナらが仮想空間ーオーディナルスケールに隠された真実を明らかにしていきます。

バトルシーンは迫力があり、音楽も神田沙也加さん演じるユナの劇中歌・LISAさんのED・梶浦由紀さんのBGM・どれをとっても素晴らしい曲ばかりです。

アニメながらもサスペンスドラマばりのストーリーで、非常に見ごたえのある作品です。

 

第6位:傷物語

高校二年生の阿良々木暦はある夜、伝説の吸血鬼であり、“怪異の王”キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードと衝撃的な出会いを果たす。まばゆいほどに美しく。血も凍るほどに恐ろしく。四肢を失い、痛々しくも無残な伝説の吸血鬼。全ての〈物語〉はここから始まる

 

西尾維新原作の物語シリーズで初めて映画化された作品で、全三部作で公開。

物語シリーズの独特の雰囲気をアニメとはまた違う演出で、作られていてとても面白いです。

阿良々木暦と忍野忍がいかにして現在の関係になったのかが明かされます。

最初に出版された作品は化物語ですが、時系列的には本作が最も最初になりますので、

これから物語シリーズを見始めようと思っている方にも是非見て頂きたい作品。

 

第7位:劇場版ポケットモンスター キミに決めた!

f:id:takegatari:20170729144301p:plain

マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる10歳の誕生日を迎えていた。オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残りのポケモンのピカチュウだった。ぶつかり合いながらも、少しずつ友情を深めていくふたりは、旅立ちの日に空を飛んでいた伝説のポケモン・ホウオウを見上げ、「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」と誓う。こうして世界一のポケモンマスターになるために旅を始めたサトシとピカチュウは、途中でトレーナーのマコトとソウジに出会い、「虹色の羽に導かれ、ホウオウに会うもの、虹の勇者とならん」というホウオウに関する言い伝えを聞かされる。いつの間にかサトシの影に潜んでいた、謎のポケモン・マーシャドーに導かれるようにして、ホウオウが住むテンセイ山を目指すサトシたちだったが、そこに強敵が現れる。ふたりはホウオウにたどり着くことができるのか?旅立ちの日に誓った約束を果たすため、今、ふたりが「本当のパートナー」になるまでの冒険が始まる!

 

ポケモン20周年を記念して公開された作品。

物語はマサラタウンから始まり、サトシとピカチュウがどのようにして今の信頼関係を築いたのかが明かされます。

カントー地方を舞台にしていることもあって、ストーリーは初期のアニメを見ていた方には懐かしい話だとは思います。

ですが、本作ではカントー地方に登場する第一世代のポケモンの他に今のゲームに登場するポケモンたちも登場します。

そのため、昔ポケモンで遊んでいた大人から今ポケモンに熱中している子供まで、幅広い世代の方が楽しめる作品になっています。

 

第8位:君の名は

興行収入100億円を突破するなど国民的大ヒットを記録した映画。

東京・四ツ谷にに住む男子高校生のの瀧と岐阜・飛騨に住む女子高校生の三葉は、ある日突然体が入れ替わってしまいます。

入れ替わった二人が、ある出来事をきっかけに導かれていきます。

建物や風景が圧倒的なビジュアルで描かれています。

物語の後半は、二人の視点が目まぐるしく変わるため、正直1回作品を見ただけではこの映画の良さを理解しにくいかもしれません。

何度も繰り返しみることで、物語の奥深さを味わえる作品だと思います。

 

第9位:夜は短し歩けよ乙女

後輩である少女に恋をしている「私」は、彼女という城の外堀を埋めるべく日々彼女を追い掛け、「ナカメ作戦(ナるべくカのじょのメに留まる)」を実行し、その目に留まろうとしている。しかしその彼女はなかなか「私」の想いに気づいてくれない。2人は奇妙な人物に出会い、奇抜な事件に巻き込まれてしまう。恋愛ファンタジー。

 

京都を舞台に大学生の男(先輩)と女(黒髪の乙女)がそれぞれ不思議で長い一夜を過ごします。

原作は、有頂天家族など多数の大人気小説を執筆している森見登美彦の小説です。

とにかく独創的な世界観の演出が秀逸で、最初の内は話がよくわかりませんでしたが見ているうちにその世界観に引き込まれます。

登場人物に名前は設定されておらず、あだ名なのも面白い。

この映画を見た後には、夜の街を出歩きたくなるような気持ちにさせてくれる作品です。

言葉だけでは伝わりづらいので、実際に見てみてください(笑)

 

第10位:あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない

昔は仲良しだった幼馴染たち。でも、高校生になった彼らの距離はいつの間にか離れてしまっていた。ヒキコモリぎみの主人公“じんたん”。ギャル友達に流され気味の“あなる”。進学校に通う“ゆきあつ”と“つるこ”。高校に進学せず旅を重ねる“ぽっぽ”。そして、仲良しだった小学生の頃から、それぞれが変わっていく中で変わらない少女“めんま”。あの日、“お願いを叶えて欲しい”とじんたんにお願いをするめんま。困りながらも“めんまのお願い”を探るじんたん。そのめんまの願い事がきっかけとなり、それぞれの領域でそれぞれの生活を送っていた幼馴染達は再びかつてのように集まりはじめる。

 

アニメで放送され大ヒットしたあの花の劇場版。

幼いころ一緒に遊んでいためんまが無くなってから数年後に突然、主人公の宿見の前に姿を現して、再び止まっていたあの頃の時間が動き出していきます。

本映画の構成は、アニメ版の総集編+αとなっています。

そのため、初めて見る方は時間があればアニメ版からみた方がこの作品の魅力を味わえると思います。

 

第11位:BLAME!

過去の「感染」よって、正常な機能を失い無秩序に、そして無限に増殖する巨大な階層都市。都市コントロールへのアクセス権を失った人類は、防衛システム「セーフガード」に駆除・抹殺される存在へと成り下がってしまっていた。都市の片隅でかろうじて生き延びていた「電基漁師」の村人たちも、セーフガードの脅威と慢性的な食糧不足により、絶滅寸前の危機に瀕してしまう。少女・づるは、村を救おうと食糧を求め旅に出るが、あっという間に「監視塔」に検知され、セーフガードの一群に襲われる。仲間を殺され、退路を断たれたその時現れたのは、“この世界を正常化する鍵”と言われている「ネット端末遺伝子」を求める探索者・霧亥(キリイ)であった。

 

2017年公開。1997年~2003年まで月間アフタヌーンで連載されていた漫画が原作。作者は弐瓶勉。

世界観がすごい作品で、未来都市を舞台にしているだけあって巨大な建物が3Dタッチで多数描かれている様は壮観です。

キリイは無口でほとんどしゃべらない珍しい主人公のタイプです。

筆者は原作は未読で恐縮なのですが、各キャラの背景が薄いのでそこら辺を原作を読んで理解するともっと楽しめるのかなと思います。

 

アニメを見るのにおすすめなVODサービスはこれだ!

ここまで超面白い!おすすめアニメ映画を紹介しましたが、いかがでしたか?

最後に、アニメをたくさん見たいという方におすすめのVODサービスを2つ紹介します。

 

U-NEXT



〇2700作品以上ものアニメを見ることができるVODサービス 。

〇そのうち、約1600作品は月額料金だけで見放題!

〇また、アニメだけでなく、ドラマや映画などのラインナップも非常に充実(大人向け作品も)!

〇さらに漫画や雑誌も読めちゃうという幅広いジャンルを網羅する巨大VODサービスです。

31日間無料体験→ドラマ観るなら<U-NEXT>

FODプレミアム



〇フジテレビが提供するVODサービス。

〇ドラマや映画を中心に作品数が豊富!アニメも月額料金のみで見られる作品が400作品!

〇何といっても雑誌のラインナップが非常に豊富!これだけでも十分元がとれる

〇アニメだけでなく、ドラマや映画・雑誌もたくさん読みたい人におすすめのサービス!

↓まずは1か月の無料体験↓



 

アニメカテゴリの最新記事