【2018年】西武ライオンズの最強打線を紹介!優勝はできる⁉

【2018年】西武ライオンズの最強打線を紹介!優勝はできる⁉

2018年のプロ野球開幕の足音も近づいてきました。

今年のパリーグは王者のソフトバンクをはじめ、オリックスや楽天など打線が強力なチームが多いです。

今回は、強打のチームの中でも群を抜くであろう西武ライオンズについて2018年の打線を中心に見ていきたい思います。合わせて、西武の優勝はあるのかも占います。

2018年西武ライオンズ予想オーダー

2018年の西武ライオンズのオーダーはこのようになると予想しました。

1番センター秋山翔吾

2番ショート源田壮亮

3番セカンド浅村栄人

4番ファースト山川穂高

5番DH森友哉

6番サード中村剛也

7番レフト外崎修汰

8番キャッチャー炭谷銀仁郎

9番ライト金子侑司

2018年の西武の予想オーダーは上記のようになりました。

1、2番は昨シーズン同様、秋山・源田で決まりかなと思います。

秋山選手はもはや日本を代表する安打製造機となり、昨シーズンはキャリアハイの25本塁打を記録するなど、将来的にはトリプルスリーも狙えるのではないでしょうか。

2番を打つであろう源田選手ですが、ルーキーイヤーの昨シーズンは全試合に出場し新人王を獲得するなど大活躍を見せましたが、今シーズンは2年目のジンクスが心配されます。

クリーンアップは浅村・山川・森という協力な布陣です。

浅村選手は2年連続フル出場するなど勝負強い打撃でチームの顔的な選手になりつつあります。

4番の山川選手は昨シーズンは持ち前の長打力を発揮し、アジアプロ野球チャンピオンシップでは侍ジャパンの4番を務めるなどしました。

まだ一軍でフルシーズンプレーしたことがありませんので、今シーズンは全試合4番を務めてホームラン王を獲得するぐらいの活躍を期待したいところです。

5番には森選手。天才的なバッティングはだれもが認めるところで結果も出ていますが、ケガが多いのが難点です。

まずはケガをしないことを第一に、規定打席に到達できれば必ず好成績を残せる選手です。

6番にはおかわりこと中村選手。これまでホームラン王を6度獲得するなど屈指の長距離砲ですが、ここ2シーズンは持ち前の長打力にやや陰りが見え、ホームランは20本台にとどまっています。

そのため、クリーンアップは若手に任せて、負担の少ない6番あたりに据えることが望ましいかなと思います。

7番に予想した外崎選手は、昨シーズン始めて規定打席に到達し10本塁打、23盗塁を記録。

アジアプロ野球チャンピオンシップでは打ちまくり、大会MVPを受賞。走攻守のさらなる成長が期待されます。

8番には炭谷銀仁郎選手。日本代表に選ばれた経験を持つなど捕手として能力はだれもが認めるところですが、昨シーズンは自己最高の打率をマークするなど、打撃でも結果を残しました。

今シーズンは岡田や森のキャッチャーとしての出場も考えられるため、激しいポジション争いになりそうです。

9番には俊足の金子選手。2016年には53盗塁で盗塁王を獲得しましたが昨シーズンは出場機会が減少し90試合にとどまりました。

金子選手は1番として見ることもできるので、より得点力が上がるでしょう。

スタメンを見てもこのように非常に豪華なメンツですが、代打陣も右のメヒア、左の栗山が控えています。

昨シーズンは出番の減ってしまったメヒアですが、彼本来の打力を発揮できればもちろんスタメンでの出場も増えてくると思います。

西武一筋の栗山選手は、年齢もベテランの域にありますがまだまだ勝負強い打撃は健在なので、今シーズンは代打をメインに時々レギュラーで使うという起用法になるのではないでしょうか。

その他に、昨年のドラフトで花咲徳栄から入団した西川選手の台頭も楽しみです。

 

西武の優勝はあるのか?

それでは最後に、2018年シーズン西武の優勝はあるのかを占ってみたいと思います。

結論から言うと、現時点では優勝は厳しいのではないかと思います。

野手陣は述べたように最強クラスである一方、投手陣は中心的な投手だったの野上や牧田投手が抜けてしまい、今シーズンはより層が薄くなってしまいました。

先発陣をみると絶対的なエースの菊池投手がいますが、以降に続く投手である程度、計算できる投手は十亀とウルフあたりしか名前がでてきません。

西武が優勝するためには、上記の3人で35勝以上を期待したいところです。

彼らに加えて、野上投手とのトレードで巨人から加入した高木投手やアジアプロ野球チャンピオンシップに選ばれた多和田選手、若手の高橋光成や今井投手が出てくれば、優勝の芽も出てくると思います。

兎にも角にも、西武が今シーズン優勝するためには投手陣の充実が必須となるでしょう。

 

最後に

ここまで2018年シーズンの西武の最強打線について紹介し、優勝は狙えるのかについて占ってきました。

ライオンズには成長著しい若手選手が多数いますので、今シーズン要注目の球団だと思います。

果たして強力打線を武器に2008年以来、10年ぶりのパリーグ優勝はあるでしょうか。

 

パリーグの順位予想はこちらから

野球カテゴリの最新記事