仕事が辛いと感じてしまった時に私が実践している乗り越え方!

仕事が辛いと感じてしまった時に私が実践している乗り越え方!


こんにちは。TAKEです。

さっそくですが、仕事って大変ですよね。働かなくて済むなら今すぐにでも仕事を辞めたいと思っている方もたくさんいると思います。私もその考えの一人です。

ですが現実は厳しいもので、私たちは働いてお金を得なければ生きてはいけません。

私は社会人二年目ですが、日々仕事が辛いと感じています。

今回は同じような悩みを抱えている方に向けて、私が実践している仕事が辛いと感じた時の乗り越え方をお伝えしたいと思います。

なぜ仕事が辛いと感じてしまうのか?

そもそも私たちが仕事を辛いと感じてしまうのはなぜなのでしょうか?

その原因は、職業によっても異なりますしもちろん個人個人でも全く違ってくると思います。

 

私の話をしますと、私は現在、病院で医療従事者として働いています。

その中で、様々なことがきっかけで仕事が辛いと感じることがあります。

 

例えば、患者さんに怒られたときです。

私の働いている病院は毎日多くの病院が訪れます。その中で、特に外来が混んでいる日には患者さんを何時間も待たせてしまうことがあります。

そんな日には、必ずと言って何人かの患者さんに苦言を言われることがあります。

こちらとしては少ないスタッフで精一杯、業務を行っているにもかかわらず怒られてしまい、誤らなくていけないのは精神的にきついものがあります(二年目となった今ではさすがに慣れましたが(笑))。

 

例えば、ミスをしてしまった時です。

日々、ミスを冒さない様に気を付けているつもりでも、どうしても疲れやその日の調子によっては思いもよらないミスを引き起こしてしまうことがあります。

一度だけならばまだしも、立て続けにミスを連発してしまった日には相当落ち込みます。悪循環ですよね。

このように業務上のミスによっても、仕事が辛いと感じてしまいます。

 

例えば、人間関係です。

一日の中で、職場にいる時間が最も長いという方がほとんどであると思います(寝る時間を除いて)。

中には、新卒で就職した会社に定年まで勤める方もいるでしょう。

多くの仕事では、コミュニケ―ション能力が求められます。そのような中で、人間関係が上手くいかなかったり、些細なことが原因でもめてしまったりすると、仕事がやりづらくなってしまいます。

人間関係が上手くいかない、人間関係の悪化によって仕事が辛いと感じてしまう方も多いです。

 

仕事が辛いと感じてしまう理由は千差万別です。

私はこのような気持ちに陥ってしまった時こそ、前向きに仕事に取り組むべきだと思います。

ここからは、本題の私が実践している仕事が辛いと感じた時の乗り越え方についてお話ししたいと思います。

 

仕事が辛いと感じた時の乗り越え方

 

①仕事後の楽しみを思い浮かべる

あなたには、これをやっていると嫌なことも忘れられるような趣味はありますか?

趣味があるだけで、仕事ばかりの憂鬱な毎日にも少し光がさしてきます。

 

仕事中に疲れていたり嫌なことがあったとしても、自分が好きなことを思い浮かべるだけで少し気持ちが前向きになります。

私自身の話をしますと、私はプロ野球やアニメをみることが大好きなので、毎日今日は仕事が終わったら贔屓球団の試合やどのアニメを見ようか考えていたりします。

もちろん仕事中なのでそのことばかり考えていてミスをするのは言語道断ですが、時々趣味について考えるのは気持ちの切り替えにつながるので、とてもおすすめです。

 

社会人になると、中々趣味の時間も限られているとは思いますが、ぜひ自分が熱中できる趣味をみつけて日々の仕事を乗り越えましょう。

 

②ポジティブな考え方に変える。

仕事が辛いと感じてしまった時には、考え方を変えてみましょう。

私たちは働いて会社に貢献することによって、その対価に給料という形でお金をもらっています。

働いてお金をもらうのですから、少々の辛いことはむしろ当たり前だと割り切って仕事に臨むことも大切だと思います。

 

例えば、職場内での人間関係が上手く築けず孤立してしまっているとします。

こんな時、誰からも相手にされずに寂しい・辛いと感じてしまいがちです。

ですがあえてプラスに考えると、プライベートな話をしなくて済むので会話のテーマなど余計なことに気を遣わずに済んだり、仕事に集中できるのでミス防止にもつながるなどのメリットがあると思います。

飲み会などの仕事以外での付き合いに参加しなくてもいいので、それこそ自分の時間に当てることができます。

 

このように、一見するとマイナスに考えてしまいがちなことでも、考え方を少し変えるだけで前向きな気持ちになってくるのではないでしょうか。

 

③同じ思いを抱えている人と共感する

仕事が辛いと思っている人は、世界中にいるでしょう。あなたと同じ思いで毎日仕事にいっている人はたくさんいます。

そんな辛い思いをしながらも頑張っている人たちを見ると、私も頑張ろうと思えますよね。

仕事が辛いと思った時には、ぜひ職場の同僚や信頼できる友達に話してみてください。同じことを考えている人が必ずいると思います。

私も職場でよく同僚の人にそんなことを愚痴っていますが、いつも共感してもらえるので気持ちが楽になります。

 

自分と同じ気持ちでいる人を見つける方法で、簡単なものがありますので紹介します。

それは、Twitterで自分と同じ気持ちでいる人たちのツイートを見ることです。

例えば、朝の時間帯に「仕事行きたくない」と検索すると自分と同じような思いでいる人がたくさんいることが分かります。

そんなツイートを見ているうちに、自分だけではないんだ。今日も仕事行くか~と思えるようになります。

 

④転職を考える

色々な方法を試してみてもどうしても仕事が辛いと感じてしまって、心身に支障をきたしてしまうようならば転職がおすすめです。

現代では、新卒で入った会社に定年までいるなんていう働き方は限りなく減ってきています。

転職することは、現代ではむしろ当たり前の行為であるといえると思います。転職しようと思った時には早めに行動を起こすことが大切です。

 

生活カテゴリの最新記事