大学はサークルに入らないと後悔する?就職への影響は?

大学はサークルに入らないと後悔する?就職への影響は?


こんにちは。TAKEです。

大学生の皆さん、キャンパスライフを楽しんでいますか。大学生活といわれると、真っ先に思い浮かぶことの一つがサークルですよね。

大学のサークルというと、飲み会があったり、出会いの場になったりと男女問わず和気あいあいとしている印象がありますよね。

そんなサークルですが実は入らない人もたくさんおり、割合は大学によって差はありますがだいたい4割ほどといわれています。私自身も、大学を卒業していますがサークルには所属していませんでした。

ですが、大学生活は4年間もありその中でサークルに入らないと後々後悔するかも?就職に影響するのではと不安に思う方も多いのではないでしょうか。

今回は、大学でサークルに入らないと後悔するのか?就職への影響はあるのか?について、私自身の経験をもとにお話ししようと思います。

今大学生でサークルに入っていない人、春から大学生でサークルに入ろうか迷っている高校生の方は参考にしてみてください。

サークルに入らないと後悔する?

サークルに入らないと後悔するのでしょうか。結論から言うと、後悔するかどうかは人それぞれだと思います。

ここからは、私自身がサークルに入らなかったことで感じたメリットとデメリットについてお伝えします。

これからお伝えすることを参考に、あなたがサークルに入らなかったら後悔しそうかどうか考えてみてください。

 

サークルに入らなかった私が感じたメリット・デメリット

 

メリット①余計な人付き合いをせずに済んだ

サークルに入ると、学内で知り合いが増えます。

サークル内のメンバーと親しくなると、当然ですが遊ぶや飲みに誘われるようになります。

その人があなたにとって居心地のいい人であればいいですが、必ずしもそうとは限らないです。

ほかにもサークルによっては、飲み会や行事が多く、参加を強要されることもあると思います。

普段から人づきあいが面倒で、最低限の友人や知り合いがいればいいという人にとっては、サークルに入ることで煩わしさを感じてしまうことがあるようです。

 

メリット②お金を節約することができた

サークルに入ると、飲み会や人付き合いが増えるため出費がかかります。私の大学のサークルでは夏休みなどの長期休暇になると、ディズニーやUSJなどに行くようなサークルも多かったです。そのため必要以上にお金が必要になります。

サークルに入らなければこのような交遊費はかかりませんので、自分のためにお金を使うことができます。

 

デメリット①友人があまりできなかった

ほとんどの大学では高校までとは違い、クラスのように毎回同じメンバーで授業を受けるようなことはあまりありません。高校まではクラス単位で活動することが多いため自然に友達ができますが、大学ではそうはいかない場合のほうが多いです。

そのため、サークルに入る理由として友達作りのために入っている人もたくさんいます。

このようにキャンパス内では友達を作るきっかけの場があまりないため、サークルに入らないと最悪、大学4年間をぼっちで過ごすことになるかもしれません。

私自身もサークルに入らなかったことで、同じ学部の人とは何人か友達になれましたが、他の学科の人とは全く知り合うことはできませんでした。

 

 

デメリット②恋愛経験ができなかった

先にも述べましたが、サークルには出会いの側面があります。当然、友達作りだけでなく異性の出会いを目的にサークルに入っている学生もたくさんいます。大学の4年間で、初めて恋人ができたという人は多いです。大学時代に出会って、卒業後に結婚!なんて話もよく聞きます。

このようにサークルは、出会いを探す絶好の場なのです。

社会人になって強く思うのですが、社会人になると出会いのきっかけが中々ありません。職場恋愛は周りの目もあるので簡単にはできませんし、そもそも学生時代に恋愛経験がないと自分に自信も持てなくなり消極的になってしまいがちです。

大学時代に恋人ができなかった人は、生涯未婚率が高くなるという結果を発表しているところもあるようです。学生時代に一度でも恋愛経験をしておくのは、将来必ず役に立つはずです。これまで付き合ったことがない人は、ぜひサークルに入って恋人を探すことをおすすめしたいです。

 

デメリット③時間を持て余してしまった

大学は、老後の生活を除くと人生で最も休みが多い期間でもあります。休日が多いという事は、当然自由に使える時間もたくさんあります。その自由な時間を有意義に使う一つの方法がサークルだと思います。

特に大学では夏休みや春休みが2か月以上もあるところが多く、それこそ目標をもって積極的に動かなければあっという間に時間だけが過ぎていきます。サークルで仲間と活動することで、気分をリフレッシュさせてくれると思います。

私はバイトもほとんどしていなかったので、せっかくの長期休みをアニメを見たりゲームをして引きこもりがちでした。今になって思えば、だらだらした生活も悪くはなかったけれど、もっと色々と大学時代にしかできないことをしておけばよかったなと思うこともあります。家族にも引きこもってばかりいて心配されましたしね…(笑)

せっかくの余りある時間を無駄にしないためにも、これといってやりたいことがない人はサークルに入った方がいいと思います。

 

就職に影響はするのか?

サークルに入っていないと、就職に影響するのでしょうか。結論から言うと、就職に影響することはほとんどないと思います。

エントリーシートや面接では必ず大学時代に力を入れたことが問われますが、そこでサークルの話をすると大学には遊びに行っていたのかと勘違いされかねません。

但し、ボランティアサークルなど地域貢献をしているようなサークルはアピールにつながることもあります。

 

サークルは入っておいて損はない!

サークルに入らないと後悔するかもと心配しているようであれば、サークルは入った方がいいです。サークルは部活とは違い、気軽に入ることができますので少しでも興味があるものがあったらぜひ参加してみてはどうでしょうか。

途中で辞めてしまっても何か言われる場合はほぼないでしょうから、入ってみて合わないと思えば辞めてしまえばいいだけです。

ぜひ、あなたに合ったサークルを見つけて、キャンパスライフを満喫してください。

 

生活カテゴリの最新記事