大学のサークルに入らないことで感じたメリット・デメリット

大学のサークルに入らないことで感じたメリット・デメリット


こんにちは。TAKEです。

大学生の皆さん、大学生活は楽しいですか。

大学生活といわれて思い浮かぶことで、代表的なことがサークルですよね。

大学のサークルというと、男女問わず仲良く体を動かしたり、飲み会があったり、出会いの場になったりととても華やかなイメージがありますよね。

筆者も大学を卒業していますが私は当時、サークルには入りませんでした。

今回は、私の経験をもとにサークルに入らないことのメリットとデメリットについてお話ししたいと思います。

今大学生でサークルに入っていない人、来年から大学生でサークルに入ろうか迷っている高校生の方は参考にしてみてください。

 

サークルに入らないことで生じるメリット

 

面倒な人間関係を構築せずに済む

サークルに入ると、学内で知り合いが増えます。

サークル内のメンバーと親しくなると、当然ですが遊ぶや飲みに誘われるようになります。

その人があなたにとって居心地のいい人であればいいですが、必ずしもそうとは限らないです。

ほかにもサークルによっては、飲み会や行事が多く、参加を強要されることもあると思います。

普段から人づきあいが面倒で、最低限の友人や知り合いがいればいいという人にとっては、サークルに入ることで煩わしさを感じてしまうことがあるようです。

 

お金を貯めることができる

サークルに入れば、飲み会や人づきあいで出費がかかります。

また、夏休みなどの長期休暇になると、ディズニーやUSJなどに行くようなサークルも多いです。

当然ですが、サークルに入るとこのようにお金が必要な場面が増えます。

サークルに入らなければその分の出費が抑えられるので、節約ができますし、サークルの時間をバイトに当てるようにすれば、大学の4年間で多くの貯金をすることだってできるでしょう。

 

サークルに入らないことで生じるデメリット

 

学内に友人ができない

多くの大学では、高校までとは違いクラスのような概念がないことが多いので、毎日同じ学生と顔を合わせるという事は思いのほか少ないです。

そのため、サークルに入る学生の中には知り合いを作りたいがために入っている人もたくさんいます。

このようにサークルに入らないと、大学で友達ができずらいというデメリットがあります。

私自身、サークルに入らなかったことでやはり友人や知り合いはほとんどできませんでした。

(幸い、私の大学では学部ごとにクラスのような形で講義や活動を行うことが多かったので、完全にぼっちというわけではありませんでしたが…)

 

恋人ができない

サークルは、友人や知り合いを作る場であるほかに、恋人を作る出会いの場にもなります。

大学で、初めて彼氏彼女ができたという人はかなりの割合でいると思います。

そんな中でも、恐らく大学生が出会うきっかけで最も高いであろうサークルに入らないという事は、確実に恋愛のチャンスを逃してしまっているといっても過言ではありません。

大学時代に恋人ができなかった人は、生涯未婚率が高くなるというデータもでています。

大学時代に恋愛経験を積んでおくのは、将来に必ず役に立つはずです。

筆者は現在、社会人1年目ですが、いまだに恋愛経験がありません。

社会人になって思うのですが、働き始めるとより一層、自分から行動を起こさなければ相手は見つからないという事を痛感させられています。

是非、恋人がほしい大学生の方は早急に行動をとられることをおすすめします!

 

暇を持て余してしまう

大学は、老後の生活を除くと人生で最も休みが多い期間でもあります。

休日が多いという事は、当然自由に使える時間もたくさんあります。その自由時間を何に使うかはあなた次第です。

特に夏休みや春休みが2か月もあるため、だらだらしてしまいがちです。

そんな時にサークルで仲間と活動することで、気分をリフレッシュさせてくれると思います。

筆者は大学の4年間でサークルもせず、バイトもほとんどしていませんでした。

そのため、長期休暇は特にすることもなくだらだらと送ってしまいがちでした。

今思えば、そんな生活も悪くはなかったかもとは思いますが、実家暮らしで家族にも心配されました。

多くの大学生は時間が有り余っているので、その時間のわずかでもサークルに当てるのもいいと思います。

 

サークルは絶対に入るべし!

 

ここまで、サークルに入らないことで生じるメリット・デメリットをお伝えしてきましたがいかがでしたか。

サークルに入らなった身から言わせてもらうと、サークルは絶対に入ることをおすすめします。

サークルは入ることで得られるメリットが多い反面、リスクが少ないものであると思っています。

社会人になって感じているのですが、恐らくこれだけ多くの知り合いや友人を作ることができる機会は、大学生が最後だと思います。

また、親せきや会社の同僚との会話の場で、大学の話題になるとサークルは何をやっていたの?と聞かれることが多いです。それほど、世間一般では大学生=サークルのイメージは強いです。

そんな時にサークルをやっていないと、やっていませんでしただけで会話が終わってしまうので、むなしさを感じることもあります。

サークルをやっていた経験があれば、将来的に話のネタにもなります。

実際にサークルに入ってみて、自分に合わないなと思ったら辞めればいいんです。高校までの部活とは違い、基本的にはサークルには強制力はありません。

なので、いろいろなサークルに顔を出してみて、自分が楽しめそうなサークルを決めることができます。

ぜひ、あなたに合ったサークルを見つけて、大学ライフを満喫してください。

 

大学生カテゴリの最新記事